アートメイクに関する不安に回答

アートメイクというと刺青やタトゥーと同視して、あまり良い印象を抱かない人もいるかもしれません。
しかし、それは未知なるものに対する恐怖と同様で、
怖い側面がいたずらに強調された情報を認識しているといえます。
今回は、アートメイクに関する不安とそれに対する正しい情報をご紹介します。

アートメイクで失敗したら、二度ともとには戻らないのではないかという
疑念を抱いている人は、ご安心ください。
そもそもアートメイクとタトゥーは仕組みこそ似ていますが、肌への定着率が大きく違う施術なのです。
アートメイクは肌の浅い部分に色素を沈着させる一方で、
タトゥーは真皮という深い部分に色素を打ち込みます。

そのため、アートメイクはタトゥーよりも落ちやすく、
除去手術で色素を取り除くことが出来るのです。
アートメイク除去の手術では主にレーザーが用いられます。
タトゥーでは皮膚の移植や切除が多く、
レーザーの場合も肌に跡が残ってしまうケースが見受けられるのです。
この違いも、先ほど述べた肌への定着率によってもたらされます。

アートメイクは手で擦ったり、水で洗ったりといった外的刺激によって
剥がれる可能性は低い一方で、除去手術によって取り除くことが可能なメイクなのです。
アートメイクやその除去手術は痛いから受けたくないという不安を抱く人もいるでしょう。
最近のアートメイクでは、色素を打ち込む針の進化や麻酔技術の向上で、痛みを感じにくくなっています。
感じたとしても軽い炎症や日焼け程度まで抑えられているケースが多いですし、
術後のケアもしっかりと行ってくれるのでご安心ください。

ただし、こうした手厚いフォローは医師をはじめとした
医療関係者が運営するサロンやクリニックであることが大前提です。
アートメイクに関するトラブルの多くは、
無資格者が施術をすることによって引き起こされる場合が多いといえます。
無資格者の施術はそれだけ費用が安い傾向にありますが、
安全性はきちんと担保されているのかを利用者の側で確かめなければいけません。

医療関係者によるアートメイクをご所望の方は、
メディカルアートメイクという文言と共にサロンやクリニックを探しましょう。
メディカルアートメイクや医療アートメイクは、医療機関におけるアートメイクであることを示す言葉です。
こうした施術をしている施設であれば、医師による信頼性の高い施術が期待出来ますし、
アフターフォローも完備されている可能性が高いといえるのです。
アートメイクに関する不安が解消され、少しでも興味が出てきたという方は
サロンやクリニックに問い合わせてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です