アートメイク除去の方法とは

アートメイクが広まると同時に、そのメリットを最大限享受しようと考える人も増えてきました。
アートメイクは一般的なメイクとは違い、肌に色素を注入するという方法を用いて、
外的刺激では剥がれないメイクを実現するというものです。
しかし一方で、タトゥーのように半永久的に身体に残るというわけではなく、数年経てば色が落ちてきます。

さらには、比較的手軽な手術を受ければ、皮膚をもとの状態に近づけることも可能なのです。
アートメイク除去手術は、アートメイクのデザインを修正したい場合や、
アートメイクを取り去りたいときに利用されます。
今回は、アートメイク除去手術の手法について詳しく見ていきましょう。

アートメイク除去における最も一般的な方法は、レーザーを用いるというものです。
特定の波長に合わせたレーザーは、定められた色素にだけ反応するという性質を持っています。
これを利用して、肌に注入した色素を取り除くのがアートメイクにおけるレーザー照射なのです。
仕組みとしては黒子やシミを除去する美容整形手術に似ています。
ただし、アートメイクの場合は肌への負担を考えて、
複数回の手術で患部から色素を取り除くことも少なくありません。
レーザー照射は医療行為に指定されており、医師をはじめとした医療関係者による施術以外は
違法となっているので注意しましょう。

アイラインや眉といった目に近い部分でレーザーを用いるわけですから、
網膜を保護するコンタクトなど、安全性に十分配慮してくれるクリニックで施術を受けるのが賢明です。
レーザー照射で対応するのが難しいアートメイクの場合には、
皮膚移植や切除縫合といった手法でアートメイクを取り除くことになります。
切除縫合とはアートメイクがなされている皮膚を切り取ってから、縫い合わせるというものです。
皮膚移植は自分の皮膚をアートメイク部分に被せて隠してしまうというものですが、
どちらもレーザーに比べると身体への負担が大きいといえます。

しかし、レーザー照射は複数回クリニックに通うことが求められる一方で、
皮膚移植や切除は、手術そのものの回数が少ないというメリットもあります。
術後の経過を見るためにクリニックへ行くことはあるかもしれませんが、
それはほとんど確認の作業に近いので、利用者の負担はほとんどありません。
費用に関しては、複数回レーザー照射してもらった場合と切除や移植は同じくらいの価格になることが多いようです。
アートメイク除去手術を受ける際には、医師やスタッフと綿密な打ち合わせをしてから、
どのような方法で実施するのかを決めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です