進化するアートメイク

美に対する欲求が高まるほどに、美容業界は進化を続けていきます。
コスメやファッションは毎年のようにトレンドが生まれ、
一昔前では考えられないようなアイテムが流行することも珍しくありません。
こうした進化の波はアートメイクの世界にも及んでいます。
今回は、アートメイクの進化について詳しく見ていきましょう。

アートメイクはコスメとタトゥーの中間のような施術として広まっていきました。
タトゥーは肌に絵を描くような形で、デザイン性の高いマークを彫り込んでいきます。
アートメイクの場合は、あくまで眉やアイラインといった女性が
もともとメイクをする場所に色素を沈着させる施術なのです。
つまり、アートメイクとタトゥーは利用している原理は似ていても、
実際の用途は全く異なるのです。
アートメイクは表皮と呼ばれる比較的薄い部分に色素を注入しますから、
タトゥーよりも時間による劣化が見られることが多いといえます。

しかしこれは弱点というよりも、除去手術のしやすさというメリットに変わっているのです。
最近のアートメイクでは、より自然な仕上がりに見える技術の進化が見られます。
顕著なのが眉の施術です。
眉のアートメイクといえば、アイブロウペンシルで描いたような仕上がりになってしまうのが常でした。
眉には見えるけれど、描いていることは隠しようがないため、すっぴんだと浮いて見えることもあったのです。

しかし近年のアートメイクでは、まるで本物の眉毛であるかのような
立体感を伴った姿で描かれケースが多くなっています。
色素がより肌に馴染みやすくなり、グラデーションを付けることが簡単になったおかげで、
立体的な仕上がりに近づいたのです。
アートメイクを実施しているサロンやクリニックでは、
こうした本物の眉に近いアートメイクを受けられるところが増えています。

ただし、施術者の腕やセンスによって出来栄えが変わってくることも多いので、
ホームページに載っている症例写真を比較するなどして、どの施設で受けるかを判断すると良いでしょう。
アートメイクの進化は除去手術に関しても見られます。
レーザーの波長が拡大され、より幅広い色素をレーザーによって除去することが可能になってきたのです。
一昔前までは皮膚移植や切除で対応していた色素も、
レーザーの進化によって肌への負担が少ないままで取り除くことが出来る可能性があります。
メディカルアートメイクのように、医療機関で受けられるアートメイク除去では、
最新の技術を導入しているところが多いといえるので、クリニックの情報を収集してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です