アートメイク除去の方法とは

アートメイクが広まると同時に、そのメリットを最大限享受しようと考える人も増えてきました。
アートメイクは一般的なメイクとは違い、肌に色素を注入するという方法を用いて、
外的刺激では剥がれないメイクを実現するというものです。
しかし一方で、タトゥーのように半永久的に身体に残るというわけではなく、数年経てば色が落ちてきます。

さらには、比較的手軽な手術を受ければ、皮膚をもとの状態に近づけることも可能なのです。
アートメイク除去手術は、アートメイクのデザインを修正したい場合や、
アートメイクを取り去りたいときに利用されます。
今回は、アートメイク除去手術の手法について詳しく見ていきましょう。

アートメイク除去における最も一般的な方法は、レーザーを用いるというものです。
特定の波長に合わせたレーザーは、定められた色素にだけ反応するという性質を持っています。
これを利用して、肌に注入した色素を取り除くのがアートメイクにおけるレーザー照射なのです。
仕組みとしては黒子やシミを除去する美容整形手術に似ています。
ただし、アートメイクの場合は肌への負担を考えて、
複数回の手術で患部から色素を取り除くことも少なくありません。
レーザー照射は医療行為に指定されており、医師をはじめとした医療関係者による施術以外は
違法となっているので注意しましょう。

アイラインや眉といった目に近い部分でレーザーを用いるわけですから、
網膜を保護するコンタクトなど、安全性に十分配慮してくれるクリニックで施術を受けるのが賢明です。
レーザー照射で対応するのが難しいアートメイクの場合には、
皮膚移植や切除縫合といった手法でアートメイクを取り除くことになります。
切除縫合とはアートメイクがなされている皮膚を切り取ってから、縫い合わせるというものです。
皮膚移植は自分の皮膚をアートメイク部分に被せて隠してしまうというものですが、
どちらもレーザーに比べると身体への負担が大きいといえます。

しかし、レーザー照射は複数回クリニックに通うことが求められる一方で、
皮膚移植や切除は、手術そのものの回数が少ないというメリットもあります。
術後の経過を見るためにクリニックへ行くことはあるかもしれませんが、
それはほとんど確認の作業に近いので、利用者の負担はほとんどありません。
費用に関しては、複数回レーザー照射してもらった場合と切除や移植は同じくらいの価格になることが多いようです。
アートメイク除去手術を受ける際には、医師やスタッフと綿密な打ち合わせをしてから、
どのような方法で実施するのかを決めていきましょう。

進化するアートメイク

美に対する欲求が高まるほどに、美容業界は進化を続けていきます。
コスメやファッションは毎年のようにトレンドが生まれ、
一昔前では考えられないようなアイテムが流行することも珍しくありません。
こうした進化の波はアートメイクの世界にも及んでいます。
今回は、アートメイクの進化について詳しく見ていきましょう。

アートメイクはコスメとタトゥーの中間のような施術として広まっていきました。
タトゥーは肌に絵を描くような形で、デザイン性の高いマークを彫り込んでいきます。
アートメイクの場合は、あくまで眉やアイラインといった女性が
もともとメイクをする場所に色素を沈着させる施術なのです。
つまり、アートメイクとタトゥーは利用している原理は似ていても、
実際の用途は全く異なるのです。
アートメイクは表皮と呼ばれる比較的薄い部分に色素を注入しますから、
タトゥーよりも時間による劣化が見られることが多いといえます。

しかしこれは弱点というよりも、除去手術のしやすさというメリットに変わっているのです。
最近のアートメイクでは、より自然な仕上がりに見える技術の進化が見られます。
顕著なのが眉の施術です。
眉のアートメイクといえば、アイブロウペンシルで描いたような仕上がりになってしまうのが常でした。
眉には見えるけれど、描いていることは隠しようがないため、すっぴんだと浮いて見えることもあったのです。

しかし近年のアートメイクでは、まるで本物の眉毛であるかのような
立体感を伴った姿で描かれケースが多くなっています。
色素がより肌に馴染みやすくなり、グラデーションを付けることが簡単になったおかげで、
立体的な仕上がりに近づいたのです。
アートメイクを実施しているサロンやクリニックでは、
こうした本物の眉に近いアートメイクを受けられるところが増えています。

ただし、施術者の腕やセンスによって出来栄えが変わってくることも多いので、
ホームページに載っている症例写真を比較するなどして、どの施設で受けるかを判断すると良いでしょう。
アートメイクの進化は除去手術に関しても見られます。
レーザーの波長が拡大され、より幅広い色素をレーザーによって除去することが可能になってきたのです。
一昔前までは皮膚移植や切除で対応していた色素も、
レーザーの進化によって肌への負担が少ないままで取り除くことが出来る可能性があります。
メディカルアートメイクのように、医療機関で受けられるアートメイク除去では、
最新の技術を導入しているところが多いといえるので、クリニックの情報を収集してみてください。

アートメイクでコンプレックス解消

自分の肉体の全てを気に入っているという人はどれくらいいるでしょうか?
体重や学力といった自分の努力で解決出来るコンプレックスもあれば、
物理的に解消しようのないお悩みを抱えて生きているという人も少なくありません。
今回は、アートメイクがそんな皆さんのお役に立てるかもしれないシチュエーションをご紹介します。

アートメイクとは、色素を肌の表皮に打ち込むことで、
メイクをしているような素肌に見せる施術をいいます。
主に眉やアイラインといった部位に使われるのですが、
実は乳輪の色を調節するのにもアートメイクが役立っているのです。
乳輪に対して絶対的な自信を持っている人は多くありません。
そもそも、乳輪は摩擦をはじめとした様々な原因から色素が沈着します。
衣服と乳輪が擦れると、乳輪の下にあるメラノサイト細胞が活性化します。
その結果、メラニン色素が皮膚に浮き出て乳輪を大きくすることに繋がるのです。

サイズの合っていない下着をつけていると、皮膚と乳輪が擦れる回数も多くなります。
乳輪の乾燥もまた、乳輪が黒ずんだり大きくなったりする要因の一つです。
乾燥から身を守ろうと、乳輪が成長を促されることで、肥大化することがあります。
また、女性の場合はホルモンバランスが崩れることで、
バストと乳輪に変化が見られるケースも少なくないのです。
こうした原因に遺伝的要素が絡み合い、他の人と比べて
自分の乳輪に対するコンプレックスを強めてしまう人もいます。
アートメイクは、大きくなってしまった乳輪を目立たせないようにするための施術として利用されています。

具体的にどのような施術をするのかというと、乳輪の縁にあたる部分に肌と同じ色の色素を注入するのです。
こうすることで、乳輪が全体として小さく見えます。
反対に、乳輪が小さくて悩んでいるという人のお悩みにも対応しています。
乳輪に近い色合いの色素をバストトップの周辺に打ち込むことで、
乳輪が大きくなったように見せることが出来るのです。
アートメイクでは丁寧なカウンセリングで施術後の仕上がりについて話し合うことになります。

乳輪のアートメイク手術を受けようと考えている人は、
仕上がりに関して恥ずかしがることなく医師に理想を伝えましょう。
もし上手く伝わらなかった場合には、アートメイク除去手術で色素を取り除くことになります。
アートメイクによる乳輪の拡大及び縮小は、乳がんで乳房を失ってしまった方の
再建手術の一環としても導入されています。
アートメイクは基本的に自由診療ですから、施術の費用はクリニックやサロンによってまちまちです。
乳輪はデリケートな部分ですから、専門の意思やスタッフが揃っている施設で
手術を受けた方が信頼性は高いといえるでしょう。

アートメイクに関する不安に回答

アートメイクというと刺青やタトゥーと同視して、あまり良い印象を抱かない人もいるかもしれません。
しかし、それは未知なるものに対する恐怖と同様で、
怖い側面がいたずらに強調された情報を認識しているといえます。
今回は、アートメイクに関する不安とそれに対する正しい情報をご紹介します。

アートメイクで失敗したら、二度ともとには戻らないのではないかという
疑念を抱いている人は、ご安心ください。
そもそもアートメイクとタトゥーは仕組みこそ似ていますが、肌への定着率が大きく違う施術なのです。
アートメイクは肌の浅い部分に色素を沈着させる一方で、
タトゥーは真皮という深い部分に色素を打ち込みます。

そのため、アートメイクはタトゥーよりも落ちやすく、
除去手術で色素を取り除くことが出来るのです。
アートメイク除去の手術では主にレーザーが用いられます。
タトゥーでは皮膚の移植や切除が多く、
レーザーの場合も肌に跡が残ってしまうケースが見受けられるのです。
この違いも、先ほど述べた肌への定着率によってもたらされます。

アートメイクは手で擦ったり、水で洗ったりといった外的刺激によって
剥がれる可能性は低い一方で、除去手術によって取り除くことが可能なメイクなのです。
アートメイクやその除去手術は痛いから受けたくないという不安を抱く人もいるでしょう。
最近のアートメイクでは、色素を打ち込む針の進化や麻酔技術の向上で、痛みを感じにくくなっています。
感じたとしても軽い炎症や日焼け程度まで抑えられているケースが多いですし、
術後のケアもしっかりと行ってくれるのでご安心ください。

ただし、こうした手厚いフォローは医師をはじめとした
医療関係者が運営するサロンやクリニックであることが大前提です。
アートメイクに関するトラブルの多くは、
無資格者が施術をすることによって引き起こされる場合が多いといえます。
無資格者の施術はそれだけ費用が安い傾向にありますが、
安全性はきちんと担保されているのかを利用者の側で確かめなければいけません。

医療関係者によるアートメイクをご所望の方は、
メディカルアートメイクという文言と共にサロンやクリニックを探しましょう。
メディカルアートメイクや医療アートメイクは、医療機関におけるアートメイクであることを示す言葉です。
こうした施術をしている施設であれば、医師による信頼性の高い施術が期待出来ますし、
アフターフォローも完備されている可能性が高いといえるのです。
アートメイクに関する不安が解消され、少しでも興味が出てきたという方は
サロンやクリニックに問い合わせてみてください。

アートメイクはなぜ人気?

毎日同じことをするのであれば、いっそ手間を省いてしまいたいと思うこともありますよね。
その代表としてよく挙げられるのがメイクです。
毎日同じメイクをするのは仕方がないけれど、時間を消費するのが惜しい。
そんな皆さんにご利用いただきたいのがアートメイクです。
今回は、アートメイクが最近人気を集めている理由について詳しく見ていきましょう。

アートメイクと一般的なメイクの大きな違いは、肌への定着率です。
コスメは基本的に肌の上に乗せるものですから、クレンジングで簡単に落とせてしまいます。
手で擦る、汗をかくといった外的刺激に弱い一方で、
自分好みのメイクを楽しめるという利点があるのもコスメの特徴です。
一方のアートメイクは、どちらかというタトゥーに近い仕組みで皆さんの肌を彩るのです。
色素を注射で打ち込み、肌の表皮と呼ばれる層に色味を定着させます。
こうすることで、指でゴシゴシ擦ったとしても取れることはありませんし、
顔を洗った場合やクレンジングでも落ちないのです。

眉やアイラインのように、毎日似たような形でメイクを施す部位に関しては、
アートメイクの色素を皮膚に注入した方が、時間の節約になるという人もいるでしょう。
アートメイクはすっぴんの状態でも目の際に陰影をつけて、整った眉を維持することが出来ます。
メイクをしていない状態のお顔に自信を持ちたいという人や、
お化粧の手間を省きたいという人など、様々な女性から支持を受けているのです。
アートメイクに関して見逃せないメリットがあります。
それはアートメイク除去手術によって、もとの状態に近い肌に戻すことが出来るという点です。
タトゥーの場合は一度肌に色素を打ち込んでしまうと、簡単には取り除くことが出来ません。

なぜかというと、タトゥーは肌の真皮と呼ばれる深い層に色素を注入しているからです。
アートメイクの場合はそれよりも浅いところに色素があるため、経年劣化で色が薄くなることもあります。
アートメイク手術で利用されるレーザーは、アートメイクの色素にだけ反応する光を当てることで、
注入された色素を破壊するという仕組みです。
手術の回数は注入した色素の濃さにもよって変わります。
それでも、タトゥーよりずっと簡単に除去することが出来るので、
例えば数年ごとにトレンドを取り入れながら眉のアートメイクを変えていくといった方法で
おしゃれを楽しむ人もいるのです。

アートメイクは眉やアイラインだけに行う施術ではありません。
色素を注入して黒子を作る、リップに赤やピンクの色素を打ち込んで
生き生きとした色合いに変化させるといったアートメイク手術も存在します。
新たなおしゃれのステージとしてアートメイクを楽しんでみたいという人は、
サロンやクリニックまでご相談ください。